M45を見てみよう



 M45とは、おうし座にある散開星団で、すばるの名で有名なほど明るい星団です。都会でも視力が良ければ、裸眼で確認

 できます。裸眼で良く見える人で7個見えるそうですので、チャレンジしてみてください。

 双眼鏡では数十個の星が見えますが、青い星雲はいい機材が必要です。

 双眼鏡や望遠鏡で、是非一度観測してみてください。

 それでは、おうし座のどの場所にM45があるかを見てみましょう。

 


 星座早見版などでおうし座を探します。おうし座には

 1等星アルデバランがあり、アルデバラン付近も散開

 星団でヒアデス星団と呼ばれています。

 アルデバランの名前の由来は、「後に続くもの」で、

 M45のあとに地平線から上ってくるためで、日本でも

 後星などと呼ばれています。
 おうし座が見つかれば、アルデバランとぎょしゃ座の

 カペラで作る直角三角形の直角部分に3等星の星が

 5〜6個のかたまりになっている星団がM45すばるで

 す。裸眼でも普通の視力なら数個は見え、目のいい

 人で7個見えると言われています。
 M45すばるは、誕生したての散開星団ですが、エ

 ネルギーの燃焼が激しく、非常に短命だそうです。

 人の寿命でいえば1歳で死んでしまうたとえです。

 その星団がおうし座のガス雲の中を通過中で、周

 りの星雲を照らし、青いガスと重なり、とても美しい

 天体に見えます。しかし、青いガスを見るには質の

 いい機材が必要です。


 おうし座のM45の説明はこちら



アズファTOP アズファクラブ アズファ 天文台 星の写真館







inserted by FC2 system