M57(NGC6720)ドーナツ星雲(惑星状星雲)

 撮影日:2011年04月10日 03h32m04s 

 望遠鏡:セレストロン C-14EXPT
    (アランジー使用 fl=2270mm)

 カメラ:SBIG ST-10XME C2

 フィルター:ASTRODON E-Series LRGB

 露出:L:5分×8枚 R:5分×3枚 G:5分×3枚 B:5分×3枚
 総露出:85分

 撮影地:奈良県大塔町龍神天体観測所
 上記写真のM57部分拡大
  最初の写真を超コントラスト処理をしたM57で、星雲の外部に

 淡い星雲が確認できます。
 撮影日:2014年05月02日 23h43m51s 

 望遠鏡:セレストロンC-14EXPT
    (アランジー使用 fl=2270mm)

 カメラ:SBIG ST-10XME

 フィルター:ASTRODON E-Series LRGB

 露出:L:2分×15枚 R:2分×5枚 G:2分×5枚 B:2分×5枚
 総露出:60分

 撮影地:奈良県大塔町龍神天体観測所第2観測所
 上記M57の中央拡大
 ハッブル宇宙望遠鏡
 ハッブル宇宙望遠鏡
 ハッブル宇宙望遠鏡

 
 こと座 / 惑星状星雲 光度9.3等 視直径80″×60″ 距離 2,600光年 

 赤経18h53m6s 赤緯+33°02′

 
  この天体は、太陽くらいの恒星が寿命で終期に自分のガスを吹き飛ばした姿。惑星状星雲では代表的で、小さい

 望遠鏡でも存在が分かるほど見つけ易い。この星雲の中心に中性子星があり、星雲の元の星を見ることができる。

 環状星雲・リング星雲・ドーナツ星雲などと呼ばれています。普通の望遠鏡ではモノクロに見える為、死んだ魚の

 目の様に見える。すばる望遠鏡はこの外側に花びらの様な模様のハローの撮影に成功しています。



アズファTOP アズファクラブ アズファ 天文台 星の写真館 M天体TOP







inserted by FC2 system